NIKEだけとは限りません!ハイブランドスニーカーのクリーニングもお任せください!

今回もテーマはクリーニング。
何を隠そう、オンラインサービスリピーターのお客様です。
毎度本当にありがとうございます。実は以前もPremiumプランでスニーカーのクリーニングをご注文いただきました。
K様いつもありがとうございます。今回もお任せください。
 
▼観たらできる、正しいクリーニング方法
 
今回はウィメンズの高級ブランド、L'AUTRE CHOSEのスニーカーです。
プレミアスニーカーのご依頼も僕らは本当に嬉しいのですが、このような普通のスニーカー(スニ好きではない人も履く普通のスニーカー)のご依頼が増えてきているのも、一般層に浸透してきている証拠なのではないでしょうか?
 
では状態の確認からいきましょうか。
 
ミッドソールはどうしても汚れてしまう、これは致し方ありません。全力で落としにかかります。
 
アッパーは特にシューレースの下が汚れ、くすみかかってますんでブラシで擦ります。それで落ちなかったらUtility Eraserで落としましょうかね。
 
どの靴もシューレース下のくすみ汚れは溜まりがち。あまりにもほこりなどを溜め込みすぎるとそのまま靴の中にまで入ってしまい、スニーカーの内側を汚すだけでなくソックスまで汚してしまいますからね。
 
 
 
何事も早いうちの解決が一番、ほったらかしは良くないです。
僕も仕事のミスは早いうちに相談するように心がけます…。(滝汗)
 
 
次にシューレース確認。
シューレース一段目と結び目み見受けられるこの黒ずみ…。
なんの汚れか、擦って落ちますかね…。とにかくやっていきましょうか。
 
シューレースはこのように抜いてからCleaning Liquidを垂らした洗浄液に浸して、揉みこすり洗いします。この時どこに汚れがあるのかを事前に把握しておくことがポイント。
全体に洗浄液を染み込ませ揉み擦り洗いをし、足りなそうなところはブラシを使ってあげましょう。
 
 
しかし素材によっては擦り過ぎ注意のシューレースも。
それは特にDUNK SBなどに使われている柔らかめのオーバルシューレース(丸紐)です。
これは気付くと毛玉になってるし、万が一何かに引っ掛けちゃうとストッキングの伝線状態になったりと、クリーニングの際は一層センシティブになる。皆様もお気を付けください。
 
アッパーのクリーニング後も見ていきましょうか。
ブラシで擦っただけでも十分綺麗になりましたが、やはりシュータン裏の黒ずみは落ち切らなかったのでUtility Eraserを使いトドメを刺しました。
 
結果がこちら。
めちゃ綺麗になりました。特にこのスニーカーの場合シュータンに装飾などもついてないので、よりツルッと綺麗に見えます。
ぼく氏、ちょっと感動…。
 
ではミッドソールの様子も含めて横から見ていきましょう。
ミッドソールの汚れもしっかり落とし、ツルッとぽってりしたこのスニーカーの可愛さが際立ちましたね。これもクリーニングの醍醐味。スニーカーの良さを復活させて、また気持ち良く履くことができます!
綺麗なスニーカー履いていると、一日気分も上がりますもんね!
この気持ち良さも一般の方々にも味わっていただきたいです。
 
 
では綺麗になったシューレースも通していきます。
左右で違わないようにシューレースを通しましたので、上でご覧いただいたのと同じ箇所です。ご覧いただいて分かる通り黒ずみも軽減させることはできたと思います。
ただ画像だと白味の補正がかかるのか綺麗に落ちているように見えていますが、黒ずみ箇所は完璧に真っ白とはいきませんでした。
それでも指ふやかしながら頑張って擦ったかいはあったってもんです。
 
こんな形でもっと一般の方々にももっとクリーニングサービスって習慣が浸透していってくれたらいいなって考えながらこの記事を書いています。
ちなみに海外では、スニーカーを洗濯機にぶち込んで洗濯するくらいには当たり前の習慣です。屋内でも履いているって理由はありそうですが、しっかり習慣として根付いています。
 
では次のクリーニングに取り掛かりますか。
今回もご利用誠にありがとうございました。
 
▼オンラインサービスのご注文はこちらから 

Older Post Newer Post

Leave a comment