UNION x AJ4に"Shoe Guards"と"AIR Insole"が必須な理由とは?

先日発売されたUNION & Air Jordanコレクション。

Guava IceのカラーリングはUNION限定のカラー展開となっており、さらにはUNIONはLAとTOKYOのみ展開があるため、世界的に見たその価値はかなり高いです。

現状のリセール相場も、Guava Iceカラーはかなりのものに。


引用:モノカブ様


ディテールを見てみるとトゥアッパーはメッシュ素材が使われているものの、マットガードに使われているのは厚手で上質なスエードレザー。



何もせずに履いていれば、メッシュ素材部分はまだしもスエードレザーの履きジワは目立ち、いずれは型崩れの原因となることでしょう。 


そしてデフォルトのインソールにはジャンプマンとUNIONの文字がプリントされていますが、問題はUNIONの文字です。

お待ちの方はお気付きかもしれませんが、これがかなり細い書体でプリントされていて、一度は歩行に耐えられたとしてもすぐに剥がれてしまうことは必至、ということが容易に想像できます。 

 

プレミアスニーカーを綺麗に履き続けるためのツール


上記の問題を解決出来るのがKicksWrapで最も人気があるプロダクトである"Shoe Guards"と"AIR Insole"です。

"Shoe Guards"はスエードを含むレザーの履きジワを最小限に抑えるプロダクト。

 

 

巷には多くの類似品が多々流通しておりますが、M/L2サイズ展開で31cmまでのスニーカーにも対応できるのは、KicksWrapの"Shoe Guards"だけ。

 

"AIR Insole"は既存のインソールと入れ替えることで、プリントの剥がれを防ぎ、かつ履き心地と通気性の向上を施します。

 

 

メッシュ素材と相まって、蒸れとは無縁の履き心地になること間違いなし。

 

価値ある一足には、KicksWrapのプロダクトが必須。
今回紹介したアイテムの他にも、KicksWrapはプレミアスニーカーに向けた様々なケア・ツールアイテムを多数展開しておりますので、ぜひ一度お試しください。

全ての商品を見る


Older Post Newer Post

Leave a comment